キセキノオヤジ物語!そして伝説へ…

あの幻のブログがレベルアップして帰ってきました!その名も「キセキノオヤジストーリーズ!(物語)」主にオヤジが日々バスケでメチャときめいたことを書く!「キモっ」言うな〜 (^^;) デンちゃんって呼ばれてますw ★下段のコメント欄への感想が少ないとボツ企画になっちゃうぞ。コメントあっほうが頑張っちゃうよ〜(´。`)

【作者あとがき】続・キセキノオヤジ物語 〜 そして外伝へ 〜

みなさん、こんばんみー。

「埼玉県人はその辺の草でも食ってろ!」

君はもう観たか!?今世紀最大の茶番劇「翔んで埼玉」を!

 

 

そう、私の名は東京の超名門校・白鵬堂学院の生徒会長、そして都知事の息子にして美少年、デンノウラモモミ(壇ノ浦百美)とは、わたくしのことだっ!

レイ、麗ーっ!どこにもいかないで〜

 

 

ん?ちゃうちゃう、ちゃうでーw

あたいの名はキセキノオヤジことDENちゃまーでごわす。

 

 

うーん、久しぶりのこのセリフ。き、きまったな… (´д`)/

 

f:id:realblog:20190414175200j:plain

続きを読む

最後の詩 『 あの時、僕は 』 

僕たちの代は本当に人数が少なかった…。
だから、いつも学校でバスケに興味がありそうな子を探しては、スカウトすることしか考えていませんでした。

 


早いもので僕たちは、上木ガッツに入団してから5年と2ヶ月が経ちました。

私の息子は1年の冬、上木ガッツに入団したのですが、当時悲しいことに団員が激減する出来事がありました。

 

 

 

3月末頃には25人くらい居た団員は半分くらいになっていました。入団して間もなくの出来事だったので、団内で何が起こっていたのか全く知りませんし、誰に聞いて良いかもわかりませんでした。

 

f:id:realblog:20190322224113j:plain

続きを読む

友よ永遠に!涙、なみだの卒団式

みなさん、こんばんみー!さぁ、今年もやってきましたよー。3月と言えばあれしかないっしょ「へっ、へぅ、へっくしょん💦」そう花粉症!

 

ん?!

 

チャウチャウ、毎年恒例!上木ガッツ涙なみだの卒団式!

 

 

そう、申し遅れました。私の名は帝光中学校バスケットボール部、奇跡の世代を心からリスペクトする漢、キセキノオヤジことDENちゃんです!

 

 

今年の卒団式の会場は、さいたま新都心駅すぐ「セラフィーヌニューヨークさいたま新都心店」さんですw 本格バーと本場イタリア料理が楽しめる大人のお店ですよ。

 

f:id:realblog:20190311001757j:plain

人口知能を持つ、ピッツア大好きウェルカムロボットたまーりん君がお出迎え!

「クピプー!クピクピッ!プーぷぅ〜っ!ッポッポルンガッ!タマタマーっ!」

 

 

なになに?ロボット語を翻訳しますと「チャオ!ぼく、たまーりん。ピザなくして人生なし!」とのこと。ありがたや〜ナムナム。ほな、さいならっきょ。

 

続きを読む

さらば6年生!さらば青春の光

みなさん、こんばんはー!今日は6年生大会に参加すべく、さいたま市内にある辻南小学校にやってきましたよ。6年生にとっては今日が最後の大会、どのチームも楽しんでバスケットに取り組んでほしいものです。

 

 

そして!今日はマンモスうれぴー事件がありましたw

そう事件といえばあれですよ、あの名ゼリフを言わずにはいられない!

 

 

「事件は現場で起こっているんじゃない、会議室で起こってるんだ!」

ん?そんなんやっけ? ボーッと生きてるんじゃねえ!レインボーブリッジ早よ封鎖せんかいw (´∀`)

 

 

事件は突然起こった!なんと、試合会場にてこのブログの読者の方から、お声がけ頂いたのです!ちょうど一年前のブログに熱いコメントを頂いていたその方は、なんとチーム辻、エースのお母さんだったのです!びっくり!

 

 

チーム辻は今年度、さいたま市でぶっちぎりで優勝したチーム!朝一番のカミングアウトでDENのテンションMAX!意気投合して、チーム辻の試合をいろいろお話を聞きながら、観戦させていただきましたよ!

 

 

お逢いできてうれしかったー!ナカエモンさん、このブログもあと少し、読んでもらえるとハッピーです。

 

 

あ、お約束を忘れておりました…。

 

 

そう、私の名は日本で初めてオリンピックに参加したマラソンランナー、金栗四三(かなくりしそう)こと

 

「いだでん」ちゃんです!🏃‍♂️

すっすー、はっはー!すっすー、はっはー!

 

f:id:realblog:20190211222440j:plain

さぁ、1試合目はじまった。Rくん、おもいっきり打て!

 

続きを読む