キセキノオヤジDiary

オヤジが日々ミニバスでときめいたことを書く!「キモっ」言うな〜 (^^;) デンちゃんって呼ばれてますw ★下段のコメント欄へのご感想お待ちしてまーす!コメントあっほうが頑張っちゃうよ〜(´。`)

涙なみだの卒団式 (T.T)

こんちはー!帝光中学校バスケットボール部キセキの世代を心からリスペクトする「キセキノオヤジ」ことDENちゃんです。劇場版「黒子のバスケラストゲーム」早く観に行かねーと…。

 

 

さてさて、先日上木ガッツ卒団式を終えて、6年生が立派に巣立っていきました…。6年生のみんな、本当におめでとう!この1年間よく下級生を引っ張ってくれました。みんな尊敬してるよ。

 

 

卒団式は毎年参加していますが、今回は本当に感慨深い、涙なみだの卒団式となりました。今年の6年生R君の代は3名。R君は4〜5年生の途中まで一人だったけど、F君、K君の心強い二人が入ってくれて支えてくれました。

 

f:id:realblog:20170323094643j:plain

卒団証書(敢闘賞)をコーチから受け取るR君 

 

続きを読む

新チーム練習試合&新生フレッシュ軍団始動!

こんちはー。最近、次男6才が父の目を盗み、スマホに向かって何か話しかけてる事がある…。よく聴いてみると

 

 「オッケー!グルグル!!」📱 💬

 

 (*´-`) そこはオモロイから敢えて放置!海よりも深い愛情を持つキセキノオヤジですw

 

 

さて、本日は上木崎小にて新チーム練習試合です。ということで、試合の準備で朝7時30分から、みなさん集まってくれています。休みの日だというのにありがとうございます。(´д`)

 

 

本日はさいたま市内の2チームを招待しています。そしてフレッシュ(3年生以下)の試合も盛りだくさん!みんなアップから張り切っています!

 

f:id:realblog:20170226110230j:plain

試合前のアップでドッキドキ💓が止まらない、新生フレッシュ軍団(1〜3年生)

続きを読む

上木ガッツ親父団の軌跡〜この1年間を振り返る〜

こんにちはー。今日は珍しく真面目にブログを書いているキセキノオヤジですw 今日は待ちに待った5年生大会。実は試合の合間にこっそり、ブログ職人やってたりします。

 

 

さてさて、上木ガッツ親父団は今月あたり設立1周年を迎えます。パチパチパチ👏ということで、この1年間の活動結果、設立のプロセス、そしてキセキノオヤジの想いをぶちまけておきまーす。家では誰も相手してくれんのでー(´。`)

 

 

『すべてのはじまり』

昨年の5年生大会…すべては1年前のこの日から始まった…。新チーム初の公式戦は2戦2敗…。ワンサイドゲームで大敗した。今まで6年生が強かっただけに、とてもショックだった。(ToT)

 f:id:realblog:20170219101909p:plain

2016年2月14日 5年生大会@針谷小学校 忘れられない大会になった…

 

続きを読む

新人戦・勝敗の行方!

こんちは〜。先日のバレンタインディ、次男が保育園でこっそり本命チョコをもらってきた。「ねぇ〜おねがいだから、お父さんにも一つ分けてちょうだい!」(*´-`) と懇願し、なんとかオトコの威厳を保っているキセキノオヤジですw

 

 

さてさて、今回は新人戦5年生大会を観戦すべく、お隣の針谷小学校にやってきましたよー。

 

f:id:realblog:20170219123446j:plain

昨年は辛酸をなめた思いで深いこの大会。どのチームも初めての公式戦でキンチョーしてるなぁ。

 

続きを読む

六年生大会でリベンジ!そして伝説へ

 さぁ、やってきましたよー。ここは岩槻文化公園体育館。早いもので本日は六年生最後の大会です。今日の2試合で六年生が引退かと思うと、感慨深いものがあります。😭

 

 

f:id:realblog:20170206000907j:plain

 

 

そして神様!この最後の最後、あの春季大会で1点差で負けたチームKと対戦させてくれたこと、心から感謝します!

 

続きを読む

理事長杯Part2 そして僕は人知れず泣いた…

こんちはー!最近うちの近所の野良猫達に「たのむから、うちの家の周りで○○○しないでねw」と、毎朝次男と一緒に猫に話しかけるキセキノオヤジです。

 

 

さてさて、本日は理事長杯2回戦リーグに参戦すべく、ここ埼玉県毛呂山町にある毛呂山町総合運動公園にやってきますたー。 片道1時間20分くらい、やっぱ埼玉県って広い!

 

f:id:realblog:20170109165203j:image

さぁ始まった!初戦は前半終了時に24対5と19点のビハインド。インサイドからの攻めを封じられ苦しい展開が続く。 

 

続きを読む