キセキノオヤジ物語!そして伝説へ…

あの幻のブログがレベルアップして帰ってきました!その名も「キセキノオヤジストーリーズ!(物語)」主にオヤジが日々バスケでメチャときめいたことを書く!「キモっ」言うな〜 (^^;) デンちゃんって呼ばれてますw ★下段のコメント欄への感想が少ないとボツ企画になっちゃうぞ。コメントあっほうが頑張っちゃうよ〜(´。`)

「バッシュのひも」

f:id:realblog:20161206013336j:plain

 

新しい団員が増えた。日曜の昼下がり、ぴかぴかの一年生。まだ、みんなマゴマゴしててカワイイ。

 

 

 

「キンチョーしてるんだよね?」自分よりチョットだけ小さな子の肩に手をかけ、コーチに紹介する二年男子。

 


「よろすくおねがぃしますぅ…」少し顔がこわばっているぞ一年、リラックスダヨ。

 


あれ?この光景少し前にも見たね。つい半年前までは、二年の君も紹介される立場だったのにね。

 

 

成長したんだな…。

 


体育館のすみっこで、違う一年生のバッシュのひも、6年生がていねいに結んでくれている。

 


この光景も少し前に見たね。バスケって、バッシュのひもを結ぶことから始まるんだな。



誰かに教えられなくても、こうやって何年もずーっと引き継がれてきたんだ、って感じたよ。

 


仲間を大切に思いやる気持ち