キセキノオヤジ物語!そして伝説へ…

あの幻のブログがレベルアップして帰ってきました!その名も「キセキノオヤジストーリーズ!(物語)」主にオヤジが日々バスケでメチャときめいたことを書く!「キモっ」言うな〜 (^^;) デンちゃんって呼ばれてますw ★下段のコメント欄への感想が少ないとボツ企画になっちゃうぞ。コメントあっほうが頑張っちゃうよ〜(´。`)

「道」

新年あけましておめでとうございます!ご挨拶がおそくなりましたが、今年もヨロピクおねがいしますw 

 

 

あーしかしさぶい、さぶい時にはやっぱりアレ!ちくわに大根、こんにゃく、あったかい〜んだから〜♩なやつ、冬と言えばやっぱりそう!🍢キセキノオヤジことおDENちゃんです!(😢よけいにさぶいゆーなーっw) 

 

 

さてさて、今回は6年生の最後の大会ともいうべき会長杯に参戦すべく、ここ狭山市民体育館までやってきましたよ。

 

 

今回のタイトルは「道」

いつもより、ちょっとセンチメンタルに物語ってみようと思ふ。

 

f:id:realblog:20180114220530j:plain

さぁ、はじまるぞ。気合い入れていけ!

 

 

この会長杯はミニバスの頂点を争う大会、全国大会へと続く「道」、だけどそれだけじゃない。6年生にとっては最後の大舞台、一人一人、どういう思いでこの大会に臨んだのか。

 

 

結果は残念ながら予選リーグ2戦2敗で敗退。全国への「道」は閉ざされた。結果について何も言うことはない。

 

 

この大会で勝てなかったこと、悔しい思いをしたこと、実力を発揮できなかった歯がゆさがきっとあるだろう。

 

 

たしかに試合には負けた。だけど、これからの君たちにはいろんな道、選択肢と未来が待っている。これからも自分が納得できる道を選べば良い、それが正解となり道となるんだから。

 

 

あの偉大なスター、アントニオの猪木は引退試合でこの言葉を残しリングを去った…

 

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。

 

アントニオ猪木

 

 

これから中学、高校と進学していく君たち。バスケットだけがスポーツではないけど、ここで学んだことを糧にして、自分で選んだ道を全力で迷わず突き進んでほしい。

 

 

おそれるな、君たちはもうその一歩を踏み出しているんだから。

 

f:id:realblog:20180114220556j:plain

自分の思い通りにならない…。邪魔されて結果が出せず、悔しくて涙する事もあるだろう。

 

 

f:id:realblog:20180114220608j:plain

一人では出来なくても、二人なら、三人なら出来ることもあるだろう。

 

f:id:realblog:20180114222413j:plain

どうしていいかわからない…一人その場でたたずみ、怯えることもあるだろう。

 

f:id:realblog:20180114220635j:plain

怖くて目の前が真っ暗でも、周りが全員反対しても、一人その道を走らなければならないこともあるだろう。

 

 

だけど恐れるな!全力で息を切らし、汗にまみれ、周りから馬鹿にされても、その時その瞬間、自分が信じた道を全力で走り抜けよう。そんな経験をした、勇気ある者にしか見えない景色がきっとある。

 

 

もし君が走り疲れ、孤独に耐えきれず、壁にぶつかった時は思い出してほしい。

 

 

 

 

f:id:realblog:20180114220652j:plain

「全力疾走」

 

 

この旗の下、ともに戦った仲間がいたことを。

 

 

 

【編集後記】

このブログへのご意見、ご感想お待ちしておりまーす!

 

元気ですよーっ!

いくどー!!

イーチ、ニー、サン、ダァーッ‼️